島の散歩 沖縄の離島 薩南諸島 これからの島 プロフィール ギャラリー 写真集
沖縄について
懐かしカメラ


僕が生まれた島は瀬戸の島。
島をまわりはじめたのは、もともと島に生まれたわけで、
特別な始まりも、きっかけもない。

水中写真を始めて、沖縄や海外に島じまに行くようになった。
自然の残っている離島は、心に強く残るものがあった。

高知県に柏島という静かな島がある。
島の海は、珊瑚で覆われていて、南洋の魚が豊富。
海の中に広がる景観は、とても素晴らしく、
僕はこの島に虜になってしまった。
毎週のように通い、朝5:00頃から暗くなるまで海の中へ潜って
写真をとっていたこともある。
始めて自分の事務所構えたのも、この時期で、
この島の近くにボロアパートを借りた。

高知県の自然は雄大で、クジラやイルカなどにも魅了された。
そのうち天草、勝浦、グアム、室蘭・・・と
イルカやクジラを追い求めて遠出するようになる。

好奇心はそのうちイルカクジラだけでは済まなくなり、
有明海のムツゴロウや、宮崎のウミガメの産卵などにも。
その頃の車の走行距離は年間走行距離は6万kmだった。

そうして再び沖縄の島じまを感じて行こうと思った。
八重山から始まり怒涛の沖縄の島めぐりが始まる。
海だけじゃなく、島の景観や人とのふれあい、
いろんなことに感銘した。
2008年8月新城下地島で沖縄の有人の全島、50島を制覇す。

そうして、瀬戸の島々へ猫を追いかけ、
瀬戸の島約130島の島へまわってみたり。。。

現在は、沖縄の北、奄美、トカラ、屋久島など、
薩南諸島の島じまも新しいテリトリーとしてまわっている。




著者本


 山岡成俊(やまおかなりとし)
 1967生広島生まれ。島、海、猫の写真家。
 瀬戸内の能美島に生まれる。
 島で生まれ育ち、島や海との関わりは深い。
 現在は、「やすらぎ」をテーマに、
 沖縄の離島をはじめ、いろいろな島や海を
 を求め写真を撮り続けている。
 (島猫も撮影テーマの一つ)
 第46回ニッコール大賞他、多数の賞を受賞
 雑誌掲載、広告、写真展などで活躍。

 著書:
 「おきなわの離島 島の散歩」
 (新日本出版社)
 
 「瀬戸の島じま 島の猫」
 (ネコ・パブリッシング)

 写真の仕事の連絡先はこちら⇒問い合わせ

サイトマップ 更新履歴 リンク リンクについて 問い合わせ