島の散歩 トップへ
プロフィール
懐かしカメラ


         おきなわの離島 島の散歩
  
    

       −いろんな島をまわってみたかった。−



著者本


慶良間諸島 座間味島上陸。
一番最初の沖縄離島は座間味島だった。ダイビングで初めて訪れた座間味島。
外観は黒い島。早くから観光地化されていて、にぎやかなところ。とても僕の想像していた南の島という感じには、ほど遠いものだった。沖縄というところがリゾートだと思っていた僕は、面食らった感があった。
しかし、石厳當もあれば・赤瓦の家だってある。夜に慶良間鹿を見に行ったり、ヒージャーを見たりと、少しずつではあるが、沖縄を感じ、知っていくのだった。


クジラのモニュメントもなかったこの頃。
今よりちょっとだけ静かだった。



 どこの展望台だったか覚えてない。
展望台から見る島々と海が
ただただ美しくて。。。



港に止めてあった当時現役のポンコツ車。
さすがにもう動いていないだろう。





はじめての沖縄はアカバナーも目新しかった。


海の中に夢中。そしてクジラの虜に。
ダイビングで、慶良間諸島や伊江島をまわる。透明度のいい海と、珊瑚に魅せられて水中の世界に夢中になる。
阿嘉島では台風に遭遇し、家の中にずっと閉じ込められたこともあった。
そうしてクジラの虜になった時は、朝早くから船に乗り、夕方遅くなるまで帰らなかったっけ…。


台風のあとのニシバマ。
砂がまっていたけど、
他に比べれば全然きれいな海!



突然の魚の群れに、
胸の高鳴りが最高潮になった。



突然のジャンプに感激!





傷跡やフジツボがくっついて、
いたいたしかった。


八重山諸島 黒島上陸。
そして、もっといろんな島をよく知ろうと、八重山黒島に行くことになる。ダイビングなしの沖縄。
本当に面白いかなぁっという不安もよぎる。
離島桟橋を出て、船が島に近づくにつれて青くなる海。
黒島港についた時には、一面のきれいな派手なシアンの海が僕を迎えてくれた。
あぁ来て良かった〜。


離島桟橋の下を見るとはミナミハコフグが!






八重山にこんなきれいなビーチが
あるのかと感動。(黒島 仲本海岸)


それから怒涛の島巡り開始。
とにかくいろんな島を見てみたかった。宮古地方の白砂に感激し、はての浜の広大な白砂に興奮。
夏は毎週のように沖縄に飛び、いろんな島をまわった時期もあった。
よくお金が続いたなぁって思うけど、安い宿に泊り、贅沢しなければ、結構なんとかなったもんである。


行くたびに違う色をみせてくれる波照間の海。



まだ陸とつながっていなかった古宇利島。
橋の建設が進んでいた。


台風のせいで西平安名崎の風車が
ひとつになった。






たまたま行った粟国島での、村の祭り。
このころから沖縄の文化に
興味をもつようになった。


人とのふれあい、弧島の旅。
制覇した島が多くなると、未踏の島は孤島であることが多くなる。
一見は百聞にしかず。その島がどんな島なのか、実際に行ってみないとわからない。
とりあえず行ってみようという気持ちで行く。
実際行ってみると、いろいろ考えさせられることが多いけど、他の島以上に人の温かさを感じるのであった。


泊るところのない前島で
「夏だったらここに寝れば平気だよ!」
と言ってくれた。


帰り際にオバアが持たせてくれたお菓子。
 とってもうれしかった。(オーハ島)



スコールで、こんなアダンの木で雨宿り。
葉っぱが細いのでズブ濡れになっちゃった。
(宮古 水納島)





北大東島では琉球とは違った島を感じた。



まだまだいってみたいところはたくさんある。
2008年8月。最後の有人離島、新城下地島を制覇。しかし再来したい島もいっぱいあるし、無人島にも行ってみたい。
島の文化にももっともっと触れてみたい。島の散歩はまだまだ続く。



サイトマップ 更新履歴 リンク リンクについて 問い合わせ