島の散歩


池島

長崎県 長崎市にある
池島
(いけしま)。

面積1.06平方キロメートル、周囲4キロメートル、標高114.7メートル
人口157人(2016年4月現在)。
長崎市北部、神浦港の南約8キロメートル沖合に浮かぶ。
かつて池島炭鉱で栄えた街で、
1970年の最盛期には人港が7,700人までにもなったという。
2001年に炭坑は閉山。
九州で最後まで残っていた島であったという。
現在は炭坑跡や、炭坑で働いていた人々の廃墟が残り、
近くにある長崎の端島(通称:軍艦島)と同様に、
炭坑の島として、観光で有名な島。
第二の軍艦島とも呼ばれている。
しかし、端島と違って現在も人が住んでおり、
現在も郵便局や消防署などの公共の施設の他、
池島小中学校も残っている。
ただし、多く立ち並ぶ廃墟のアパート群などの
廃墟の景観はとても寂しさを感じる。






次へ
島の選択へ戻る